しんぼ犬猫病院

犬・猫専門の動物病院 しんぼ犬猫病院

ワクチンについて
HOME >  飼い主様へ  > ワクチンについて
line

混合ワクチン 

 ワクチンを接種する目的は病気の予防です。

 ペットの周りには怖いウイルスや細菌が多くいます。

 混合ワクチンを接種することによって、多くの病気からペットを守ることが出来ます。

混合ワクチンで防げる病気

犬の病気

  • 犬ジステンパー

    blank

    発熱・下痢・神経症状など起こり全身がおかされ、死亡率も高く怖い病気です。

  • 犬アデノウイルス2型感染症

    blank

    アデノウイルスによる感染症で肺炎や扁桃腺などの呼吸器病を起こします。

  • 犬パルボウィルス

    blank

    パルボウイルス感染症には「腸炎型」と「心筋炎型」の2種類があります。
      この腸炎型に侵された場合は、嘔吐と血液のような下痢をするようになります。
      非常に伝染性が強く、子犬に感染した場合は命にかかわることもある怖い病気です。

  • 犬伝染性肝炎

    blank

    肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が濁ることもあります。
      子犬は突然死することもある怖い病気です。

  • 犬パラインフルエンザ

    blank

    咳や鼻水、扁桃炎を起こします。
      アデノウイルスや細菌と一緒に「ケンネルコフ」と呼ばれる犬の風邪の症候群を引き起こします。

  • 犬コロナウイルス感染症

    blank

    腸炎を引き起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。

  • 犬レプトスピラ病

    blank

    細菌によって肝臓や腎臓が侵される、人と動物共通の怖い伝染病です。
      アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいです。

猫の病気

  • 猫ウイルス性鼻気管炎

    blank

    ヘルペスウイルスによる感染症でクシャミ・セキの他に、目ヤニや鼻水を出します。
      ときには発熱をおこすこともあります。

  • 猫カリシウイルス感染症

    blank

    猫ウイルス性鼻気管炎に似た症状を示しますが、口内や舌に潰瘍をつくることもあります。

  • 猫汎白血球減少症

    blank

    パルボウイルスによる感染症で、嘔吐・下痢などの消化器症状を示し、発熱をおこすこともあります。

  • 猫クラミジア感染症

    blank

    結膜炎・角膜炎の他にクシャミ・鼻水・セキなどのかぜのような症状をおこします。
     人間に感染し、結膜炎をおこした例も報告があります。

  • 猫白血病ウイルス感染症

    blank

    感染してから発症までの期間が長く、感染に気づかず、他の猫に伝染してしまうこともあります。
     唾液中にウイルスが排泄され、一緒に生活すること(毛づくろい等)やケンカで伝染します。
     症状はさまざまで、リンパ腫や白血病などの腫瘍性の病気になったり、貧血や腎炎、
     抵抗力の低下から他の感染症を併発することもあります。ひどい口内炎をおこすこともあります。

 初めてのワクチンでは、確実な免疫を作るために複数回の注射が必要です。

 接種回数については月齢や時期によって異なるので、お問い合わせください。

 

しんぼ犬猫病院へのお問い合わせ
PAGE TOP